ハイヤープランは帰国者送迎にも

ハイヤーは、空港までの送迎に利用されることが多いものです。日本人はもちろんのこと外国人の利用も多数なので、円滑なコミュニケーションが図れるように、英語などの外国語を習得しているケースがほとんどです。

空港へのお出迎えの場合、気になるのが広い空港において、帰国される人とハイヤーの乗務員がスムーズに出会えるかどうかです。この件に関しては、依頼者からどの時刻のどの飛行機の帰国なのかを間違いなく伺い、空港では乗務員が帰国される人のネームボードを分かりやすく掲示し、到着ゲートでお出迎えすることもできます。空港の出迎えで帰国される人の気持ちを考えると、乗務員とすれ違ったり、なかなか出会うことができなかったりするのは不安になってしまいます。そのような心配を無くすためにも、到着ゲートでのお出迎えは安心できるためおすすめです。

一方で、新型コロナウイルスの感染拡大により、帰国者に対してPCR検査や抗原検査が実施されています。この検査を受け、結果が出るにはだいたい2時間程度、長い場合は4時間以上の時間を有することもあり、その結果「陽性」という診断が出てしまった場合は、キャンセル対応をしなければなりません。この際のキャンセル料に関しては、ハイヤー会社によって対応が異なりますが、無料でキャンセルできる会社もあります。

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中に広がっていることから、帰国者にとっては、空港から公共交通機関を使わずに、感染防止対策がしっかりと施されたハイヤーで自宅もしくは、ホテル、検疫所に送迎してくれることはこの上ない安心感があります。

ハイヤーであれば、まったく見ず知らずの他人と相席をすることもありませんし、乗車する前の消毒や車内の徹底された感染防止対策を体感すると、選んでよかったと心から思うはずです。特に、東京の空港では、あらゆる国の人とどうしても接触することになってしまうため、自分なりの感染対策をしていても不安になりやすいもの。空港での滞在時間をできるだけ短くして自宅に戻りたいと思うのは、帰国者だけではなく、自宅で待つ家族も同じ思いです。

このような送迎に関しても、ミニバンやバンを使っての送迎も行っているので、4名くらいまでの送迎も対応可能です。利用するハイヤー会社によっては違いがあるとは思いますが、途中下車不可や、ハイヤーに乗り途中から公共交通機関の利用は不可という場合もあります。新型コロナウイルスの感染防止のために、各社条件があるため確認してみるようにしてください。