ハイヤーはさまざまなシーンで利用可能

ハイヤーは私たちが暮らすさまざまなシーンで利用可能です。目的地まで行きたいというときは、公共交通機関や自家用車などを利用することが一般的ですが、ハイヤーはそのようなときに利用するのではなく、いわゆる贅沢なシーンで利用します。

たとえば、大切なお客さんを空港までお出迎えするというケースや、家族利用という場合は特別なイベントのとき、最近では外国から帰国した際に利用するというケースもあります。自分が利用するとき以外にも、大切な誰かのためにハイヤーを依頼することも可能です。他にも、失礼があってはいけないというお客さんに対して利用を依頼することも少なくありません。基本的に予約制となっているので、急な依頼は難しい場合が多いです。

ハイヤーは、高級ホテルにいくと頻繁に見ることができます。黒塗りできれいに磨かれた高級車が、ホテルのエントランス付近で停車しているのを見かけることがありますが、あれがハイヤーです。注意深く見ていると、乗務員がドアサービスをしていたり、ホテルのドアマンと会話されていたりします。外国からのお客さんに対しては、英語をはじめとする外国語で話されているのを見かけたことがある方もいるかもしれません。

こうしたハイヤーの多くは、その場1回限りのスポットによる利用方法であることが多いです。実は、ハイヤーはこのような1回限りの利用方法はもちろんですが、短期もしくは長期依頼をするという利用方法もあります。

大企業の役員や外資系企業の役員などの送迎、朝夕の通勤のためなど、企業ベースで依頼されることもあり、車両と運転手を準備してくれます。乗務員は、普段から洗練された接客を訓練されているため、送迎や通勤も気持ちよく行えます。依頼する側も安心して依頼することができるため、少々経費がかさんでも構わないと考えるものです。

仕事に関する場面だけでハイヤーは使われると思われがちですが、実際にはこのような役員たちのゴルフの送迎に使われることもあります。ゴルフの場合は、通勤などで利用する場合と比べて、時間帯も早朝だったり、かなり遠い距離だったりすることもありますが、それらについてもしっかり対応してくれるので安心です。

さらに、ハイヤーはワゴンタイプの高級車もあることから、6人以上の場合でも対応してくれるため、小グループでの移動を依頼することもできます。ハイヤーは私たちが生活するあらゆる場面で活躍していることが分かります。